大沼岩蔵 of 桜井こけし店

桜井こけし店logo0926.jpg桜井こけし店logo0926.jpg


お知らせ.jpgお知らせ.jpgスペース_01.jpg工人.jpg工人.jpgスペース_01.jpg作品.jpg作品.jpgスペース_01.jpgあゆみ.jpgあゆみ.jpgスペース_01.jpg蒐集家.jpgスペース_01.jpgご案内_01.jpgご案内_01.jpgスペース_01.jpgEnglish.jpgEnglish.jpgスペース_01.jpgfacebook.jpgfacebook.jpgスペース_01.jpgtwitter.jpgtwitter.jpg

iwazo.jpg


iwazo02.jpg

大沼岩蔵 (1876-1950)

師匠:大沼岩太郎
弟子:桜井万之丞/桜井昭二/大沼甚五郎//大沼健三郎/秋山忠/藤井幸左衛門

  明治9年2月10日(旧暦明治 9年1月16日)、宮城県玉造郡鳴子町湯元の木地業大沼甚三郎・ときの長男として生まれる(一説に明治8年生まれともいうが戸籍上は明治9年である)。父甚三郎は大沼家の甚五郎次男で大沼岩太郎の弟に当たる。甚四郎、甚五郎、万之丞、健三郎は弟である。
 基本的な木地技術は父甚三郎より指導をうけたが、小物技術は伯父岩太郎に多く習った。明治24年16歳で一人挽きロクロに上ったという(西田峯吉聞書)。この聞書は膽澤為次郎が鳴子にくる以前からすでに足踏技術が導入されていたことを示しており重要である。
 明治27年19歳でイナと結婚、この年事情があって鳴子を去り、青根へ行って小原仁平の工場で職人をしたが、間もなく鳴子へ帰った。明治36年28歳のときには、鉛の藤友旅館(藤井幸左衛門)に招かれ、2年ほど岩手県鉛温泉で働いた。鉛では藤井幸左衛門に木地技術を指導したという。
 明治38年30歳で鳴子へ帰り、しばらく落ちついた後に中山平の小学校校舎の一部を借りて生活することになり家族で中山平に移った。このとき、秋山忠が弟子となり、やがて大沼万之丞も修業に来た。明治41年33歳のころ、大鰐へ行ったがこのときは二、三日で帰り木地の指導は行 なわなかった。岩蔵のあと秋山耕作・大沼熊治郎・甚五郎(岩蔵の弟)が大鰐へ行った。
 大鰐から帰った岩蔵は再び中山平に住居を構え、5、6年の間木地業を続けたが、大正4年40歳ころから営林署の山林監視人となり、木地業は中止した。監視人は昭和10年ころまで続けたが、この間昭和5年55歳のとき再び大鰐へ行き、一年間ほど木地を指導したことがある。このときに技術指導を受けたのは村井福太郎・島津彦三郎・長谷川辰雄などであり、小物の進んだ技術のほかにこけしの描彩法も教わったという。従来、岩蔵が大鰐へ行った年次に関し諸説があったが二回行った各年次の混同による議論であった。
〈こけし手帖・42〉によると岩蔵が川連に行ったという聞書があるが、これは大沼熊治郎との採録上の誤認であることが明らかになっている。
 昭和10年60歳で営林署監視人を引退し中山平大字南原の水利組合の基本財産である山林の監視人となった。南原に必要な畑と宅地を確保し、家を建てて余暇に木地を挽きながら晩年の15年間を静かに生活した。
 桜井昭二が弟子となったのは昭和20年4月より2年間である。岩蔵が深沢要の要請によりこけしを復活したのは昭和13年初めのことである。深沢要は最初には秋山忠を介して入手したようである。〈こけしの微笑〉に紹介され、水谷泰永・米浪庄弌・深沢要・鹿間時夫・西田峯吉等があい次いで岩蔵を訪れた。「蒐集家の中山平詣」とまで言われた。こけしも以後比較的多く作り鳴子駅の構内売店・富士屋・及川商店・満七厘・陸奥売店などで売られた。戦後はほとんど作らず、昭和25年8月29日中山平にて没した。行年75歳。
 岩蔵は、あまり金銭のことに気を使わず、自分の気分のままに趣味に徹し、金を使ってこけしを作らせようとする趣味家を非常に嫌った。技術には相当な自信があり自ら製品を売りこむようなことはしなかった反面、仕土げには神経質で繊細な仕事をしたといわれる。鹿間時夫は「会って話してみると神経質な人で、話の反応が頗る早い。談がこけしや木地のことになるとたちまち熱中して声高になった。〈こけし鑑賞〉」と書いている。

参照元:Kokeshi Wiki