櫻井 万之丞 of 桜井こけし店

桜井こけし店logo0926.jpg桜井こけし店logo0926.jpg


お知らせ.jpgお知らせ.jpgスペース_01.jpg工人.jpg工人.jpgスペース_01.jpg作品.jpg作品.jpgスペース_01.jpgあゆみ.jpgあゆみ.jpgスペース_01.jpg蒐集家.jpgスペース_01.jpgご案内_01.jpgご案内_01.jpgスペース_01.jpgEnglish.jpgEnglish.jpgスペース_01.jpgfacebook.jpgfacebook.jpgスペース_01.jpgtwitter.jpgtwitter.jpg

mannojo.jpg


mannojop-201x300.jpg

櫻井 万之丞 (1891〜1969)

師匠:大沼岩蔵
弟子:桜井昭二

 明治24年4月5日、鳴子湯元大沼甚三郎・ときの四男に生まれる。鳴子尋常高等小学校卒業後、明治38年15歳より中山平の長兄大沼岩蔵について木地を習得した。秋山忠は中山平時代の兄弟子である。
 明治41年18歳まで3年間岩蔵についた後、鳴子へ帰り独立した。その後、鉛で一時期働き、明治44年21歳のとき、小松留三郎を頼って上ノ山で2年間働き、さらに蔵王高湯の能登屋で2年間職人をした。蔵王高温時代には横挽き工人として珍しがられ、また一日終わるとカンナ刃先を折って、翌日新しく作る万之丞のやり方が周囲の関心を集めた話は有名である。
 その後山形に降りて、七日町字柳町の岡崎栄治郎の職人となった。この栄治郎の工場の隣に床屋があり、その一人娘コウと相思相愛の仲になった。大正2年、コウと結ばれたが、コウは桜井吉治の一人娘であったので婿養子となった。妻の実家から栄治郎方の仕事場に通った。
 コウの両親の期待は万之丞が床屋の跡を継ぐことだったが、万之丞には床屋は性に会わなかったため、大正4年25歳のとき、意を決して単身鳴子へ帰ってしまった。コウは生まれたばかりの女の子を背負い、万之丞の後を追って鳴子へ移った。
 鳴子では約3年間こけしその他の玩具を挽いたが、後に大物挽きを主体とするようになった。大正9年ころには仙台の東北漆器㈱(東八番町)や、米沢の山三会社の職人をしたこともある。
 大正12年鳴子木地講習所に講師大沼新兵衛の助手として勤めた。同時に鳴子物産会社の職人としても働いた。昭和2年長男昭二が誕生、昭和8年ころからは岡崎斉吉の工場を借りて大物を挽いた。
 〈こけしと作者〉でこけし界に紹介され、広く知られるようになった。終戦直後には尿前の工場で横木専門に働き、昭和25年ころより土産店「さくらい」の傍で長男昭二とともにこけしを作るようになった。
 高橋武蔵・盛・岡崎斉等とともに戦後の鳴子こけしを支えた功績は大きい。
 昭和44年3月26日鳴子没、行年79歳。

参照元:Kokeshi Wiki



manno1.jpgmanno1.jpg

左右どちらも昭和15年頃(一金会にて)